教会紹介

2020年4月7日(火)、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、首都圏を中心に緊急事態宣言が発令されました。その結果、教会の歴史始まって以来初めて、礼拝及び諸集会が休止となりましたが、宣言は解除され、6月7日(日)より礼拝を再開します。

振り返れば、2021年2月11日に創立70年を迎える立川教会にとっても、この2ヵ月は試練の時でした。しかし、その一方で、思いもかけなかった試みが始まりました。礼拝休止の間、礼拝を録画し、インターネットを受信出来る教会関係者に配信することです。そして、この試みが成功したことにより、主日礼拝のライブ配信へ発展しようとしています。
誰でも、自由に礼拝に参加出来るライブ配信が実現出来れば、世に向かって教会の扉は大きく開かれ、これまでより一層、福音を世に告げ知らせる務めを果たすことになります。 神様の御心を尋ね求めながら、新たな歩みを進めることが出来ればと願っています。

立川教会は、1951年2月11日、日本基督教団教師であった江口忠八牧師とハナ夫人による開拓伝道から始まりました。江口牧師の召天後は、ハナ牧師、柏井宣夫牧師、愛澤豊重牧師、高田和彦牧師、梁在哲牧師と続き、現在の私は第7代目となります。

3月、見事な河津桜が教会入り口に咲き誇り、訪れる人を迎えます。続いて4月には桃の花、6月は紫陽花、9月は蜜柑、10月は柿と、小さな庭に四季折々の草花が私たちの心を癒やしてくれます。礼拝出席者は、20名から30名の教会ですが、礼拝後は全員で昼食を共にしながら交わりを深めます。又月1回、中国語礼拝、料理教室、「懐かしい歌を歌う集い」なども開催しています。詳しくは「お知らせ」をご覧ください。
各集まりへの参加を、いつでも心からお待ちしています。

 

2020年6月1日(月)
牧師(社会福祉士)飯島 信