教会紹介

創立68周年を迎えた私たちの教会は、小さな教会です。7代目となる私が赴任したのは2016年3月のイースターでした。それから3年が経ちました。
赴任して一番驚いたことは、教会の庭が綺麗に手入れされていることでした。
早春、いち早く教会入り口の河津桜が咲き始めます。庭には大きなタイサンボクと桃の木が茂り、隣り合わせの牧師館の入り口には柿の木が枝を空に伸ばしています。四季折々、庭には可憐な花が咲き乱れ、私たちの目を和ませます。

小さな教会だからこそ、交わりには温もりがあります。私が赴任して以降の3年間で、5名の受洗者と13名の転入会者が与えられました。皆さん、教会を探し求めている方々でした。そして、赴任当初は10~15名の礼拝出席でしたが、現在は20~25名になり、時に30名を超える日も出て来ています。

私たちは、教会の扉を地域に開く試みとして、以下の特色ある取り組みをしています。
第一は、奇数月の第1土曜日に行っている料理教室です。一昨年9月から始めた料理教室ですが、先生方は素晴らしい方々です。パン教室や沖縄料理教室を開いている方、さらには、フランスでお菓子作りを学ばれた方も加わって下さいました。
第二は、毎月第3土曜日に行っている懐しい歌を歌う集いです。高齢者の方々を対象に、地域に住むお年寄りの方に呼びかけて、楽しいひと時を過ごしています。
 第三は、歌の集いに続く中国語礼拝です。立川近郊に住む中国語を話す方や学ばれている方を対象に行っています。

教会は神様の呼びかけに応えようとする人々の集まりです。
 神様は誰であっても分け隔てなく、私たち一人ひとりに歩む道を準備して下さっています。そして、その道を見出し、道から外れることのないよう、朝に夕に呼びかけておられます。しかし私たちは、神様の声を聴こうとするよりも、自分自身の欲望を満足させる声に耳を傾けてしまい勝ちです。だからこそ、日曜日は教会を訪れ、聖書が語る神様の御言葉に耳を傾けるのです。

ぜひ一度、立川教会にお出で下さい。
心から歓迎いたします。

牧師(社会福祉士)飯島 信【2019/5/20記】